副業を考えている人必見!副業とフリーランスの違いについて解説

副業とフリーランスの違いがいまいちわからない

そんな方のために、フリーランスと副業の違いをまとめました。

次のような方にピッタリの記事です。

  • 副業で収入をアップしたい方
  • フリーランスになるか副業で仕事をするかで悩んでいる方
目次

副業とフリーランスの違い【まとめ】

副業と本業の違いを表にまとめてみました。

副業フリーランス
雇用契約ありなし
納税方法確定申告が不要(所得20万円未満)確定申告が必須
健康保険国民健康保険選択できる
年金厚生年金国民年金

以下で詳しく解説します。

最大の違いは雇用契約の有無

副業の場合は、本業として会社と雇用契約を結んでいるでしょう。

一方でフリーランスの場合は雇用契約を結ばず、業務委託契約のみで仕事をすることになります。

ちなみに業務委託契約とは、人手や専門スキルがない会社や依頼主が、一部の業務を誰かに依頼する際に結ぶ契約のことです。

業務委託契約に関して詳しくは以下の記事が参考になります。

副業とフリーランスの納税方法の違い

フリーランスの場合は、確定申告が必要です。

一方、副業の場合は副業所得が20万円に満たない場合は確定申告の必要はありません

確定申告とは1月1日から12月31日までの所得や経費を自分で計算して税務署に申告するものです。申告内容に基づいて所得税を支払う必要があります。

マサヒロ

副業の場合も、所得が20万円を超えた場合は、フリーランスと同様に確定申告が必要になります。

「所得」とは総収入から諸経費を差し引いた金額です。

たとえば総収入が30万円であっても経費が20万円かかっていたら、所得は10万円になるので確定申告の必要はありません。

副業とフリーランスの健康保険の違い

副業の場合は会社で入っている健康保険にそのまま加入できます。

フリーランスの場合は

  • 国民健康保険
  • 文芸美術国民健康保険
  • 会社員時代の保険の任意継続

から選んで加入します。

国民健康保険の場合は、保険料が年収と自治体によって異なりますが、おおむね月額20,000円から25,000円くらいの保険料を払っているひとが多いでしょう。また、文芸美術国民健康保険の場合は、月々の保険料が一律19,900円です(令和3年時点)

一方で会社員時代の任意保険を継続する場合は、会社員時代の保険料の2倍の額が月々の保険料となります。

マサヒロ

会社が社員の保険料の半分を負担してくれていた分もフリーランス個人の負担になるんですね。

副業とフリーランスの年金の違い

副業の場合は会社で加入している厚生年金、フリーランスの場合は国民年金に加入する必要があります

日本では、原則20歳になった時点で全員が年金に加入する必要があります。

まず副業をしている人の場合は、会社員全員が加入する義務のある厚生年金に加入する必要があります。厚生年金の場合は、給料の18.3%を月々の保険料として支払います。

マサヒロ

ただし保険料は半額を会社が負担してくれます。

一方フリーランスの場合は、国民年金に加入し、月々16,610円(令和3年時点)の保険料を支払う必要があります。

まとめ

本記事では副業とフリーランスの違いを解説いたしました。

副業とフリーランスの違い
  • 副業は本業として会社と雇用契約、フリーランスは業務委託契約のみを締結
  • フリーランスは確定申告が必須、副業は副業所得が20万円を超えなければ申告は不要
  • 副業とフリーランスでは加入する年金、健康保険が異なる

副業やフリーランスを始めようとしているひとは、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ フリーランスプログラマー|法人代表

某独立系ソフトウェア開発企業でプログラマー、PMを経験後、フリーランスとして独立し、スマホ/Webアプリ開発、Web制作など幅広く手掛ける。2017年より独自メディア作りを進めるとともに、法人設立。

目次
閉じる