未経験でもプログラマー副業で稼げるの?必要なスキルの磨き方も解説

未経験なんだけど、土日だけプログラミングの副業をやってみようと思うんだ。でも稼げるのかな?

こんな疑問にお答えします。

この記事では実務でプログラミング未経験の方が、プログラミングの副業をして稼げるのか?プログラマー副業にはどんなメリット、注意点があるのかを紹介します。

マサヒロ

プログラミングを副業にして収入を増やしたい方にピッタリの記事です。

目次

未経験からプログラミングを副業にできるか?

結論:難しい

結論、未経験からプログラミングを副業にして稼ぐのは難しいです。

仕事を発注する側になって考えてみてください。

メスを持ったことのない外科医に手術してもらうのが不安なように、プログラマーとして働いたことがない人に案件を任せるのは不安ですよね。

マサヒロ

ここが未経験からプログラミングを副業にすることの難しさです。

プログラミングスクールを活用しよう

そこでオススメなのがプログラミングスクールを活用する方法です。

プログラミングスクールの中には、クラウドソーシング等と提携し、カリキュラム中にメンターにサポートしてもらいながら簡単な案件をこなしたり、カリキュラム修了後に実際に案件を紹介してくれるところもあります。

まずは収入よりも実績

この段階ではとにかく経験を積んでスキルを磨くことに集中しましょう。

副業をする以上は収入も気になるでしょうが、最初から条件の良い案件は受注できません

未経験者〜初心者のうちはクラウドソーシングなどで、安くても必ずできる案件を受注し、経験・実績を積むことです。

未経験からプログラマーを副業にするメリット

本業の収入を維持したまま、経験を積み上げることができる

プログラミング未経験者や初心者にとって、いきなり独立してプログラマーとして仕事をしていくのはなかなか難しいものです。最初のうちは収入も十分に得られないでしょう。

その点、副業であれば本業の収入で生計をたてつつ簡単な案件から始めて、経験・実績を積み上げることができます

人脈が広がる

副業をしていると、本業とは違った「プログラミングの仕事を通じた人脈」を作ることが可能です。

マサヒロ

副業の人脈が本業に生きてくる、なんてこともあるかもしれませんね。

スキルアップができる

プログラマーの世界で生き残っていくには、複数のプログラミング言語やスキルを習得するのは必須条件です。

副業ならば自分で業務内容やレベルを選ぶこともできるので、段階的にスキルアップをしていくのに最適。しかも報酬をもらいながら学べるので一石二鳥です。

将来フリーランスや起業にもつながる

始めのうち副業収入はわずかなものでしょうが、人脈ができ、スキルもついてくれば徐々に高収入がえられるようになります。こうなれば将来フリーランスや起業なんてことも夢ではなくなります。

将来フリーランスになりたいと考えている方は、いきなり転向するのではなく副業からチャレンジしてみるのがオススメです。

マサヒロ

ある程度実績が積み上がってきたら、フリーランス向けの案件紹介サービス(フリーランスエージェント)に登録してみるのがオススメです。

プログラマーの副業をするときに注意するべきこと

会社の副業規定をチェック

まず最初に、勤務先の会社が副業を禁止しているかどうかをチェックしましょう。

会社員の副業は違法ではありません。しかし会社の就業規則に副業禁止が明記されているにも関わらず、無許可で副業をおこなうことは、会社に対する「雇用契約上の信頼関係を破壊する行為と評価されうる」とした判例もあります。

なにはともあれ、無駄な波風を立てないように事前にしっかり確認しておきましょう。

場合によっては会社と交渉して副業を認めてもらうのもひとつの手です。

本業に支障がでないように

本業だけでも忙しい人が副業をすることで寝不足になったり疲れをためたりして、本業がおろそかになっては本末転倒です。

あくまで副業は「お小遣い稼ぎ」と割り切って、納期が厳しい案件や、作業量の多い案件は受注しないようにしましょう

収入次第で確定申告が必要になる

副業での収入が年間で20万円を超えたら、会社員でも確定申告が必要です。

翌年の2月16日から3月15日までの間に、本業と副業の源泉徴収票を用意し、税務署で確定申告を行う必要があります。

申告書の作成や申告は、国税庁のホームページから行うことができます。事前にチェックしておくといいでしょう。

また副業の収入や経費の管理が必要な方には無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」のような、確定申告までサポートしてくれるソフトを利用するとよいでしょう。

家族への配慮を忘れずに

一人暮らしならともかく、家族と暮らしている方は、本来休みのはずの時間に仕事をしていると家族も気を使ってしまうものです。

普段から在宅ワークをしていて、仕事用の部屋があるのであれば良いですが、リビングの一角で仕事をしている人の横では、なかなか自由にのんびりとはできませんよね。

副業では「空いている時間すべてを使って仕事」というわけにいかないと考え、仕事の量を加減するようにしましょう。

副業に必要なプログラミングスキルの身につけ方

これからプログラミングを学んで副業に活かそうという方が、実際にプログラミングを学ぶ方法として

  1. 独学
  2. プログラミングスクールに通う

大きく分けてこの2通りの方法があります。

独学

このうち①の「独学」は、低コストで学べる一方で学習に時間がかかったり、途中で挫折しやすかったりするため、「副業で稼ぐ」という本来の目的を達成できない可能性が高いです。

マサヒロ

もちろん絶対に無理というわけではないので、まずは基礎の基礎を独学から始めてみるというのも良いでしょう。

プログラミングスクールに通う

逆に②のプログラミングスクールに通う方法は、高額な受講料がかかりますが、一定期間で必要な知識・技能を身につけることができる可能性が高いといえます。

さらに上でも書いたように、プログラミングスクールの中には、クラウドソーシングサービス等と提携し、カリキュラム中にメンターにサポートしてもらいながら簡単な案件をこなしたり、カリキュラム修了後に実際に案件を紹介してくれるところもあります。

たとえば人気のプログラミングスクールのひとつである「テックアカデミー」では、コース受講後、所定の課題に合格した人を対象に簡単な案件を紹介してくれるサービスも提供しています。

いきなり独り立ちして副業やフリーランスとして働くのではなくメンターと一緒に案件に取り組めるため、安心してプログラマーとしての仕事を開始できるというメリットがあります。

マサヒロ

もちろん最初のうちは案件単価も低めですが、多少なりとも報酬が稼げることで、よりプログラミング学習に力が入るでしょう。

まとめ

この記事では「未経験でもプログラマー副業で稼げるの?必要なスキルの磨き方も解説」を解説しました。

プログラミング未経験者が副業で稼ぐのは難しいものです。

そこでオススメなのがプログラミングスクールを活用する方法です。プログラミングスクールの中には、クラウドソーシング等と提携し、カリキュラム中にメンターにサポートしてもらいながら簡単な案件をこなしたり、カリキュラム修了後に実際に案件を紹介してくれるところもあります。

初期投資はかかりますが、独学でプログラミングを学ぶより、ずっと早く稼げるようになるはずです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ フリーランスプログラマー|法人代表

某独立系ソフトウェア開発企業でプログラマー、PMを経験後、フリーランスとして独立し、スマホ/Webアプリ開発、Web制作など幅広く手掛ける。2017年より独自メディア作りを進めるとともに、法人設立。

目次
閉じる