フリーランスエージェントとは?そのメリット・デメリット

フリーランスとして成功したいなら、フリーランス専門エージェントフリーランスエージェントに登録しましょう。

エンジニアやデザイナーがフリーランスとして活動する際にハードルになるのが仕事を獲得するための営業活動です。そして、フリーランスを廃業する方のほとんどが、フリーランスエージェントや代理店を利用せず、自力で営業しているというデータがあります。

マサヒロ

営業にコストをかけず、安定して長く仕事を続けるためにも、積極的にエージェントを利用しましょう。

この記事では、フリーランスエージェント経由で仕事を受注するメリット/デメリット、そしてフリーランスエージェント利用時の注意点や上手な相談の方法を解説します。

目次

フリーランスエージェントとは

「フリーランスエージェント」とは、フリーランスと企業が案件の受発注をスムーズにおこなえるよう仲介するサービスです。

フリーランスエージェントは様々な企業からフリーランス求人を集約し、登録しているフリーランスのスキルや希望にマッチした案件を提案してくれます。そのためフリーランスが個人で営業するより、案件の受注が容易になり、安定的に仕事を続けられるようになります

ほかにもフリーランスエージェントは次のようなサービスを提供してくれます。

  • 契約の締結等の事務処理手続きの代行
  • フリーランスとしての独立時のサポート
  • キャリアカウンセリング
マサヒロ

経理のサポートや、記帳代行サービスなどを提供しているエージェントもあります。

フリーランスになると、想像以上に営業や経理の仕事が多いことに驚く人も多いものです。

フリーランスエージェントを利用すると、本業以外の仕事の大部分をアウトソーシングして、本業に専念できるのです。

フリーランスエージェントのメリット

まずフリーランスエージェントを利用するメリットを解説します。

仕事選びの選択肢が増える

フリーランスエージェントは常時多数の案件を保有しており、フリーランスはその中から自分のスキルやキャリアプランにあった案件を選ぶことができます。

高単価案件を受注できる

独立したばかりのフリーランスは、条件のいい案件を獲得するのは難しいものです。しかしフリーランスエージェントを利用すれば、非公開の案件や、大手企業・有名ベンチャー企業等の業務を受けられます

また、個人で営業する場合にくらべフリーランスエージェント経由のほうが単価があがるケースも多いものです。

仕事の受注が安定する

会社員と違い、フリーランスは仕事が途切れてしまえば収入も途切れてしまいます。そのためフリーランスは仕事が途切れないように、常に営業をする必要があります。しかし、本業をこなしながら仕事探しをするのは大変です。

フリーランスエージェントをつかえば、案件が終わる時期を見越して新しい仕事を紹介してくれるので、継続的に仕事を受注し、収入を安定させることができます

マサヒロ

フリーランスエージェントによっては、仕事が途切れたときのための所得補償を提供しているところもあります。

営業に時間を取られず本業に集中できる

営業に苦手意識のあるフリーランスの方は多いものです。しかし仕事を獲得するためには、営業活動が必要になります。

フリーランスエージェントは営業活動から案件先との交渉、実績のアピール等をサポートしてくれるので、安心して本業に専念することができます。

事務・入金など手続きのサポートがある

フリーランスエージェントは事務手続きも代行してくれます

契約書や請求書等を作るのは、独立したばかりのフリーランスには難しい仕事の一つですが、フリーランスエージェントはこれらのひな形作りや書面づくりを代行してくれます。

またフリーランスとして働いているとよくあるのが報酬に関する入金トラブルです。

フリーランスエージェントは報酬に関する手続きも代行するため、クライアントとの入金トラブルで揉めることはありません。

キャリアプランを相談できる

フリーランスとして働いていると、将来のキャリアプランが不安になることもあります。

マサヒロ

何しろ、一人で働くことになるので周りに比べる相手がいません。

フリーランスエージェントは、フリーランス一人ひとりのスキルやキャリアプランを考えて、案件を提案してくれますし、市場価値などの客観的な評価もしてくれます

将来が不安になったら、エージェントに相談してみると良いでしょう。

福利厚生を提供しているエージェントもある

フリーランスは企業に属さないため、基本的に福利厚生は受けられません

しかしフリーランスエージェントによっては正社員と遜色ないレベルの福利厚生サービスを受けられることがあります。

たとえば以下のようなサービスがあります。

  • 健康診断の補助
  • スポーツクラブ、ホテルの優待利用
  • 就業不能時の所得保障保険サービス
  • フリーランス向けサービスの優待利用

受けられる福利厚生はエージェントによっても変わってくるので、登録前にしっかり確認しておくことをオススメします。

フリーランスエージェントのデメリット

どんなことにもメリットがあれば、デメリットもあります。

ここでは、フリーランスエージェントを利用するデメリットを解説します。

自由度は下がる

フリーランスというと自由に働けるイメージがありますが、フリーランスエージェントを通して案件を受注する場合、基本的には案件先の会社に出社して業務を行う「常駐」の仕事がほとんどです。

マサヒロ

最近ではコロナ禍の影響で、リモートワークの割合のほうが多くなっていますが。

稼働日数も週5日の案件が多いため、自由度という面ではイマイチと感じる人も多いでしょう。

ただし正社員に比べると、勤務時間や曜日を選択できたりと、自由度は高い傾向にあるのは確かです。

代行手数料(マージン)がかかる

フリーランスエージェントは様々な業務を代行してくれます。フリーランスエージェントの基本的なサービスは無料で利用できますが、案件の収益からそれなりの手数料をマージンとして徴収されます

ただし多くの場合「営業活動やら事務手続きやらを代行してもらっていると思えば安いもの」と思えるレベルです。

しかし過剰なマージンを設定されていないか、相場と比較して安すぎる単価を設定されていないかは注意して契約するようにしましょう。

フリーランスエージェント利用時の注意点

エージェント毎にカバーするエリアが異なる

多くの有名フリーランスエージェントがあつかっているのは関東圏や関西圏、中部圏などの大都市の案件が中心です。

前述したように案件先に常駐が要件の場合も多いので、地方で暮らしている方は、希望の案件を見つけるのが難しいことも多いでしょう。

マサヒロ

最近では、リモートワーク案件も多くなり、「Pe-BANK」などのように地方に対応しているエージェントも増えてきたので、まずはエージェントに相談してみるとよいでしょう。

エージェントの質は、担当の質に左右される

フリーランスエージェントの担当者は一人で多数のフリーランスを担当しています。どうしても対応が後手に回ることも珍しくはありません

ネットで調べたフリーランスエージェントの評判が良くても、担当者によって実際にうける印象は異なるでしょう。

人間には相性があるので、ある程度は仕方ないものですが、どうしても合わないと思ったら、思い切って担当者を変えてもらうのもアリです。

希望する条件や報酬単価を伝える

フリーランスエージェントを利用する際は、希望する収入の金額や勤務地、稼働時間、技術などの条件ををはっきりと伝えましょう

これらが曖昧だと、希望する案件を獲得できなかったり、案件の受注がスムーズに進まなかったりします。

連絡頻度の確認はしっかりと

多くのフリーランスエージェントは、案件受注後もフリーランスのサポートをするため、次の案件の情報等の連絡をしてくれます。

このこと自体は、非常にありがたいサービスなのですが、あまりに頻度が多いと困りものなのも確かです。

事前に、望んでいる連絡の頻度や今後のスケジュールを共有しておくと良いでしょう。

複数のフリーランスエージェントに話を聞く

フリーランスエージェントは、1社にこだわる必要はありません

複数のエージェントを併用することで、仕事の受注が安定するだけでなく、将来のキャリアプランについても多角的な視点から意見を聞くことができるというメリットがあります。

まとめ

この記事では「フリーランスエージェントとは?そのメリット・デメリット」を解説しました。

フリーランスエージェントを利用する場合のメリットとデメリットは次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 仕事選びの選択肢が増える
  • 高単価案件を受注できる
  • 仕事の受注が安定する
  • 営業に時間を取られず本業に集中できる
  • 事務・入金など手続きのサポートがある
  • キャリアプランを相談できる
  • 福利厚生を提供しているエージェントもある
  • 自由度は下がる
  • 代行手数料(マージン)がかかる

多少のデメリットはあるものの、これらを受け入れることができるならば、フリーランスエージェントはぜひ利用するべきものといえるでしょう。

当サイトでも、多くのフリーランスエージェントを比較調査していますので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエージェント一覧はこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ フリーランスプログラマー|法人代表

某独立系ソフトウェア開発企業でプログラマー、PMを経験後、フリーランスとして独立し、スマホ/Webアプリ開発、Web制作など幅広く手掛ける。2017年より独自メディア作りを進めるとともに、法人設立。

目次
閉じる